進研ゼミからチャレンジ2年生お試し版が送られてきた

最近、娘が幼稚園の時にこどもちゃれんじを受講していたことがあったためか、進研ゼミ小学講座からチャレンジ2年生お試し体験の資料が送られてくることが多いです。

今回はチャレンジ2年生のサンプルについて書いていこうと思います。

 

こどもチャレンジとは

 

その前にまずは、こどもチャレンジについて説明しましょう。

こどもチャレンジとは、0歳からできる『こどもチャレンジBABY』、『こどもちゃれんじホップ3-4歳』、『こどもチャレンジステップ4-5歳』、『こどもチャレンジジャンプ年長コース6歳』まであり、お子さんの年齢に応じて選ぶことができます。

早期幼児教育が大切なことは分かっているが、何を学習させていいかわからない、年齢に応じた学習がしたい、などと考えている親御さんにおすすめの講座です。

ちなみに、我が家の娘は、年長コースを受講していました。

やめた理由としては、幼稚園年中ぐらいから、ひらがな、カタカナ、漢字や簡単な算数も教えてくれるようになったので、こどもちゃれんじは退会しました。

ただ、幼稚園、保育園でひらがな、カタカナなどをあまり教えないところなら、小学校入学前に受講しておいたほうがいいかもしれません。

幼稚園のように時間がある時にある程度の勉強をしていないと、小学校に入ってから勉強してきた子供とは、大きな差ができてしまいます。

そうならないためにも、早めの対策をおすすめします。

 

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

 

 

進研ゼミ小学講座2年生サンプル内容

 

チャレンジの体験資料は開封していなかったのですが、娘が進研ゼミのお試し資料を見つけて「開けてみようよ」とせがむので開けてみることにしました。

中を開けると、お試しの問題、おまけのシールと赤ペン、小学講座の申込用紙などが入っています。

 

 

娘が「お試し問題を解きたい」というので「じゃあやっていいよ」とやらせてみます。

ちなみに問題といっても、見開き2ページ分しかないので、2,3分で終わってしまいます。

 

 

後のほうのページには、チャレンジ2年生を受講すると、毎月送られてくるテキストや付録の説明が書いてあります。

案の定、娘は付録が欲しくて「これやりたい」と騒ぎます。

進研ゼミ(ベネッセ)は有名な通信教育の会社だし、以前もこどもチャレンジをやっていたので、問題はないと思います。

ただ、「とりあえずもう少し調べてみてからね」と話し、受講は保留することにしました。

後日、今現在実際にチャレンジを受講している方に話を聞く予定です。

 

進研ゼミ小学講座についてさらに詳しく知りたい方は、下記記事をどうぞ。

 

チャレンジやるならペーパーorタブレットどっち?

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP