小学生の苦手な地理を面白くするおすすめ学習法

 

旅行に行っていろいろな経験や体験をし、地図を見て確認することは、小学生にとって最も有意義な地理の学習法です。

 

▹親子で旅をしながら学ぶ小学生の地理の学習法

 

ただ、世の多くのお父さん(お母さん)達は会社に縛られ、子供と休みが合わなかったり、2日以上の休みはなかなかとれず、結局出かけなかったり、いつも同じような場所に出かけることが多くなってしまいます。

また、費用面についてもホテル、旅館などの宿泊代、食事代、お土産代などを考えてしまうと、旅行をする気もなくなってしまうかもしれません。

そんなわけで、親子で旅行をすることで「体験学習やいろいろな経験させたい」と願っても、現実的にはなかなか厳しいものがあるのかなと思います。

でもそこであきらめないでください。

実際にそこに行かなくても、頭の中で場所やものなどのイメージをきちんと作ることができれば、まるで旅行に行ってきたような経験(疑似体験)をすることが可能になります。

 

ガイドブック+地図帳を使った疑似体験で、効果をだす

 

 

その方法とは、旅行雑誌「るるぶ」やガイドブックを活用することです。

私は、昔から旅行をすることが好きで、旅行に行く前には必ず旅行の雑誌やガイドブックを読んで、旅行の計画を立てています。

県別、国別ガイドブックはもちろん詳しく記載されていますが、「るるぶ」も県別、国別になっているため、行きたいところの本を迷わず選べることが一番の利点です。

また、綺麗な写真が掲載されているし、文章もわかりやすく詳しく書いてあるので、名産品、歴史、観光スポットなどの情報を簡単に得ることができます。

他にも読み手が興味をそそられるような構成になっているため、単純に眺めているだけでも、まだ行ったことのない土地に思いをはせられるので面白いと思います。

大人でも勉強になりますが、これを子供の地理の勉強に利用します。

まずは、地図を見て、自分が日本のどの場所に住んでいるか確認してみましょう。

確認したら、実際に自分の県の特産物などを、ガイドブックを使って調べます。

例えば、千葉県だったら、特産物は落花生で、写真も見れて、といったふうにいろいろな情報が入ってくるわけです。

この作業ををきちんと行うことで、まるでその場所に行ってきたかのような知識を得ることができます。

旅行雑誌、ガイドブック+地図で、ぜひ1度試してみてくださいね。

 

▹小学生地理勉強法 まずはどこから手をつける?いつ頃から始めればいいか教えて?(中学受験しない編)

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

小学生地理の楽々勉強法 都道府県は絵に描いて覚えよう
小学生日本の歴史学習漫画おすすめはこの3社で決まり
売れている理由は何?小学生に人気やばい日本史
どんな偉人伝を読んだらいいか子供におすすめおもしろい偉人伝
小学生地理勉強法  白地図に手書きでどんどん書きこもう。(中学受験しない編)
地図だけで大丈夫?地球儀を使うメリットと小学生におすすめ地球儀
世界史は小学生から大学受験対策を学習漫画おすすめ3選
小学生地理勉強法 まずはどこから手をつける?いつ頃から始めればいいか教えて?(中学受験しない編)
小学校の地理 1分でできる3択クイズ(都道府県特産品編まとめ)
小学校公民おすすめ勉強法まとめ
地理が苦手でも克服できる『1日10分で成果を上げる白地図活用法』(中学受験しない編)
飽きっぽい子供に偉人伝を読ませるには?偉人伝漫画おすすめ
一日10分3歳でもみるみる覚えられる地図絵本、漫画まとめ
親子で旅をしながら学ぶ小学生の地理の学習法
中学受験日本史ユーチューブで基本を確実にこれだけは押さえておきたい歴史アニメ

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP