女の子のおもちゃの定番『アクアビーズ』で賢くなる?アクセ作りは難しくないの?

娘のクラスで『アクアビーズ』が流行っています。

「アクアビーズ」と言っても、お母さん達ならまだしも、私のような男親にはピンときません。

娘に聞いてみると、「アクアビーズは、水でくっつくビーズで、上手にくっつけることで、かわいいアクセサリーを作ることができるおもちゃ」だそうです。

実際に、友達がアクアビーズで作った作品を見せてくれましたが、小学2年生の同級生が作ったとは思えないほど、細かく、きれいにできています。

娘も欲しそうだったので、我が家でも『アクアビーズシリーズ』を購入してみました。

・アクアビーズの特徴

アクアビーズは、水を専用霧吹きで吹きかけるだけで、簡単にビーズがくっつくので、アイロンや針を使ったりしないので、お子さん一人でも安心して遊ばせることができます

作り方としては、プラスチックのイラストシートにビーズを作りたい形に乗せていきます。

あとは、霧吹きで水をかけて乾かすだけです。

アクセサリー作りは、難しいイメージがありますが、このおもちゃなら、素敵なアクセサリーを簡単に作成することができます。

・知育玩具の一面もある

アクアビーズがなぜ知育に良いかというと、細かいビーズを使ってどんなものを作るか考えることで想像力がつくし、いろいろな色のビーズから、自分の好きな色を選んで並べていくなど細かい作業を通じて、集中力や忍耐力、美術センスがつきます

イラストや折り紙などで、男子より女子のほうがセンスがいいのは、小さいころからこういったおもちゃ遊びのおかげかもしれませんね。

・対象年齢は

アクアビーズを製造しているエポック社では、対象年齢を6歳以上にしています。

細かいビーズを使ったり、いろいろな道具を使用して作業をしなければならないので、あまり小さい子では難しいでしょう

6歳ぐらいでも、最初は親が一緒にやり方を確認したほうがいいと思います。

・アクアビーズ、始めるならどれがいいの?

はじめてのアクアビーズ (2017年ver.)

「はじめての」と書かれているぐらいなので、遊ぶために必要な道具はすべてそろっているし、ビーズの数も入門編としては十分です。

ただエクセラペンが、1本しかついていないので、色を変えるごとにいちいち中身を交換しなければいけません。

このペンは、購入もできるので、交換が面倒であればあと2,3本あったほうがストレスなく遊べると思います。

アクアビーズペン

娘は、『アクアビーズエクセラペンデザイナー』を買ったのですが、こちらには色ごとに(8本)ペンがついているので、快適に遊べます。

基本的な道具もそろっているので、私的にはこちらのほうがお勧めします。

アクアビーズ エクセラペンデザイナー

想像力次第で、いろいろな可能性が開ける『アクアビーズ』機会があれば試してみてください。

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP