こども新聞はいつから読むと効果があるの?おすすめは?

小学生の子供新聞は、何歳から?

 

中学受験の時事対策、国語力アップ、作文の上達には欠かせないと何かと話題になっているのが、朝日や読売、毎日といった新聞社から発行されている子供新聞です。

小学生のお子さんがいる親御さんは、1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

おそらく「効果があるならうちの子にもぜひこども新聞を読ませたい」と考えている親御さんが大半だと思います。

ただ、実際に子供新聞を読ませるとはいっても、いつから読ませれば効果があるのかはっきりとはわからないでしょう。

そこで娘の経験をもとに、私が知っていることを書いていきたいと思います。

 

・子供新聞を読む前に読んでおきたい低学年でも読めるニュース雑誌おすすめ

 

朝日の子供新聞をお試しで頼む

 

娘は小学1年生のころ、朝日こども新聞をお試しで、1か月分だけ購読したことがあります。

朝日子供新聞は、全8ページで構成されていて、社会面、経済面、学習面、漫画など幅広い情報が載っていて、大人でも勉強になる部分があります。

もちろん、子供新聞なので、小学生でもわかるように、漢字にふりがながふってあったり、簡単な言葉を使って内容がわかるように書かれています。

娘は、幼稚園の時に、ひらがな、カタカナ、漢字も少しは勉強していたのですが、言葉の意味はほとんどわからなかったので、子供新聞を購入したのは1か月のみで、継続はしませんでした。

 

朝日子供新聞は何年生から読ませる?

 

私が、朝日こども新聞を読んでみた感想は、小学3~4年生ぐらいのレベルに感じたので、小学校低学年の娘には、まだ早かったようですね。

もし子供に読ませるなら小学3年生ぐらいになり、言葉の意味をきちんと理解できるようになったときに、購入すればいいと思います。

 

中学受験するなら子供新聞は小学校入学時から

 

ただ、もしお子さんが中学受験をするなら、読む時期は変わってきます。

というのは、中学受験をするお子さんの多くは、小学校の入学と同時に子供新聞を取り始めるからです。

なので、ぜひ早めの対策をおすすめします。

 

 

小学生におすすめの子供新聞は?

 

では、子供新聞はどこがおすすめなのか、それぞれの新聞の特徴もまとめたので、参考にしてみてください。

 

 

朝日こども新聞

 

・すべての漢字にふりがながふってあるので、読みやすい。

・中学受験に出題される、時事ニュース問題に強い。難しい用語には解説も付いている。

・中学受験対策コーナーもあり、中学受験する人向け

灘、筑駒、女子学院の合格者の4割が朝日こども新聞の読者

・朝日小学生新聞のコラム欄、天声こども語が、視写や要約に最適。また作文力のアップに役立つ。

・漫画落第忍者乱太郎、おしえてさかなクンなど楽しい読み物が多い。

朝日こども新聞の値段は、毎朝届いて1か月1769円(税込み)

参考 朝日新聞ホームページ

 

 

毎日こども新聞

 

すべての漢字にふりがながふってあるので、読みやすい

・毎日子供新聞では、毎週日曜日に「はなかっぱ」絵の投稿コーナー「くれよんきんぐ」が連載されていて人気。

・月から金曜日まで、漫画「論語くん」孔子の教えが連載。

時事ニュースが詳しく、わかりやすい言葉で書かれている

中学受験しないけど、ライバルに差をつけたいお子さんにおすすめ。もちろん読解力、アップ作文力対策にもなります

毎日子供新聞の値段は、毎朝届いて1か月1580円(税込み)

参考 毎日新聞ホームページ

 

 

読売KODOMO新聞

 

読売こども新聞は、月間で毎週木曜日に発行。月4回なので、料金も月額500円とリーズナブル

・毎日届くわけではないので、未読の新聞がたまることが少ない。飽きっぽい小学生にはおすすめ。

すべての漢字にふりがながふってあるので、読みやすい

読売子供新聞は、小学生新聞で発行部数ランキングNO.1

・時事ニュースが詳しく、わかりやすい。

・内容的には、中学受験する人向け。

・おしえてコナン時事ワード、ポケモンABCなどを読むことで楽しみながら知識が広がる

参考 読売新聞ホームページ

 

どの子供新聞も、それぞれ読みやすく工夫されてあり、なかなか決められないと思います。

各新聞社のホームページでは、ネットで試し読みできるので、参考にしてください。

また、今は子供新聞もデジタルで読める時代になってきています。

おこさんによっては、デジタルもありかもしれませんね。

 

こども新聞どこで買える?

 

最後に。こども新聞はどこで買えるかです。

子供新聞は、最寄りの朝日、読売、毎日など最寄りの新聞屋さんで購入できます。

こども新聞は、ネットでデジタル新聞の試し読みもできるので、まずはどんな内容なのか子供と一緒に読んでみるのもいいですね。

ちなみに、朝日子供新聞では、購読か1週間無料お試し購読に申し込めば、「質問!ドラえもん」のスクラップブックがもらえます。

ドラえもんのスクラップブックをもらいつつ、朝日こども新聞1週間無料で試せるので、この機会に試し読みしてもいいかもしれませんね。

その他にも、朝日こども新聞は、アマゾンなら3か月分から購読できます。

新聞屋に頼むのが面倒くさいという方にはいいのかもしれません。

 

朝日小学生新聞 定期購読3か月 [定期購読]

 

こども新聞まとめ

 

こども新聞で一番大事なことは、新聞を読む習慣をつけることです。

ある調査によると、小学1年生から子供新聞を読み始めたお子さんと、小学4年生から読み始めたお子さんでは、読解力、社会や世界情勢、作文力、そして受験に1番重要な偏差値において1年生から読み始めたお子さんが、すべてにおいて上回るそうです。(もちろん例外もありますが・・・)

4年生から子供新聞を読み始める子供とは、3年も違うわけですから、大きな差ができるのも当然といえば当然かもしれません。

こども新聞をとることは、子供のためを思えばそれほど高い投資ではないので、もし中学受験をするなら早い時期からをおすすめします。

 

中学受験するなら必須 下記記事からどうぞ

▹天声子供語を読む、書き写すことで得られる驚きの効果とは

 

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP