親子で旅をしながら学ぶ小学生の地理の学習法

 

私も妻も昔から旅をすることが好きです。

なので、娘が2歳の時までは旅行を我慢していたのですが、それ以降はいろいろなところに旅行に連れて行っています。

最初は家族みんなで楽しめればいいという考えでしたが、周りの人達から「子供を連れて旅行しているなら、地図を持って行くと勉強になるよ」と教えてもらったので、試しに地図を持って旅行に行くことにしました。

最初に出かけたのは、茨城県の水戸市でした。

娘に地図を持たせ、今地図上のどこにいるか教えてから出発です。

そして確認してほしい場所に来たら話しかけます。

例えば、千葉県から茨城県の取手に入ったら「ここから茨城県になるよ」と地図を指さしながら教えるといった具合です。

さらに「茨城県の利根川は流域面積が、日本で1番なんだよ」と周辺知識についても追加で話します。

そうすることで、より一層理解が深まるからです。

娘は「へーそうなんだ」と感心したように頷きます。

ちなみに、「流域面積って何?」と聞かれましたが、私は即座に答えられませんでした。

あとで調べると降水が集まる範囲を流域といい、その面積を流域面積というそうです。

親も多少の知識は必要ですね。

娘は、地図を見たあと周りの景色もキョロキョロ見回します。

そんなことをくり返しながら、最終目的地の水戸市に着きました。

「大きい街だね、地図だとどこ?」と娘は、自分で探し始めます。

私が教えてしまうのは簡単ですが、すぐに教えたのでは勉強にならないと思い、娘に自力で探させました。

娘は「ここだね」と指をさします。

私は「そうだね」と答えながら、水戸の名産は納豆であることや江戸時代には、水戸黄門という偉い方がいたことをわかりやすく教えました。

このように、地図を持って旅行をすると、子供の知識が増えるし、親子の距離も縮まるし、大人も地理の勉強になるし、様々なメリットがあります。

他にも旅先では、いろいろな人との出会い、美味しいものを食べたりなど楽しいこともたくさんあります。

楽しみながら、勉強できるので地理のおすすめ学習法といえるでしょう。

 

 

『旅をしながら学ぶ』をより効果的にするには

 

旅の計画を子供と一緒につくる。

 

有名な旅行雑誌「るるぶ」には写真付きで有名な場所、名物などが載っています。

それを親子で見ながら、行きたい場所、食べたいものを決めます。

あえて子供に決めさせることで、子供の自主性を伸ばすことができます。

 

旅の目標を決める

 

この旅行で何がしたいか、具体的に決めることで、旅がより有意義なものになります。

 

実際に体験する

 

地元の体験型学習をすることで、その土地の文化や歴史を学ぶことができ、知識や教養が身に付きます。

 

 

小学生地理を楽しみながら学ぶ学習法まとめ

 

 

幼い時から親子で旅行をすることは、地理の勉強や、貴重な体験になるだけでなく、コミュニケーション能力の向上、人間的な成長を促進するなどの効果も期待できます。

親子の絆を深めることにもなるので、ぜひ地図やるるぶを持っていろいろな場所に訪れてみてはいかがですか。

 

▹小学生地理勉強法 まずはどこから手をつける?いつ頃から始めればいいか教えて?(中学受験しない編)

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

地理が苦手でも克服できる『1日10分で成果を上げる白地図活用法』(中学受験しない編)
ねこねこ日本史で楽勉できる?口コミや効果、評価のまとめ
中学受験日本史ユーチューブで基本を確実にこれだけは押さえておきたい歴史アニメ
小学生日本の歴史学習漫画おすすめはこの3社で決まり
小学生地理勉強法 まずはどこから手をつける?いつ頃から始めればいいか教えて?(中学受験しない編)
どんな偉人伝を読んだらいいか子供におすすめおもしろい偉人伝
小学生地理の楽々勉強法 都道府県は絵に描いて覚えよう
一日10分3歳でもみるみる覚えられる地図絵本、漫画まとめ
小学校の地理 1分でできる3択クイズ(都道府県特産品編まとめ)
小学校公民おすすめ勉強法まとめ
世界史は小学生から大学受験対策を学習漫画おすすめ3選
売れている理由は何?小学生に人気やばい日本史
地図だけで大丈夫?地球儀を使うメリットと小学生におすすめ地球儀
飽きっぽい子供に偉人伝を読ませるには?偉人伝漫画おすすめ
小学生の苦手な地理を面白くするおすすめ学習法

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP