地頭をよくするには 読書の習慣が一番 子供を本好きにする方法

世界で一流と呼ばれる人たちは、たいてい 読書の習慣があります。

本は仕事に役立つ情報だけでなく、新しいアイデアを 生むための知恵を与えてくれます。

子供にとって、本は視野を広げる大切な道具の一つです。

読書を通じて、魅力的な人物にたくさん出会ったり、新しい興味 見つけることができます。

また、読書は想像力や創造力の基盤になりますが、その他にも多くの力が養われます。

 

読書は読解力を伸ばす

一つ目は、読解力です。

本を読むか読まないかの差は幼い時はあまり目立たないものの、年齢とともに少しずつ大きくなっていきます。

成長とともに読書すればするほど理解力が高まる子供がいる一方 読書しないためにどんどん理解力が追いつかなくなる子供もおり その差はどんどんの広がっていきます。

読書は語彙力も伸ばす

また、 読書することで語彙力も発達します。

読書が好きで、読書量の多い小学生は語彙力との関連が非常に強く、読書量が増えると語彙が増え、理解力が高まり本が好きになり、さらに読書量が増えるという好循環が生まれます。

読書による効果として 思いやりも 育まれる効果があります。

子供の頃の読書活動が多ければ多いほど、 将来、社会や人のためになる仕事をしたいと思ったり、電車やバスに乗った時にお年寄りや体の不自由な人に席を譲ろうとする意識が高い傾向が見られたそうです。

 

子供を本好きにするにはどうすればいい

 

リビングに本棚を置く

 

ユダヤ人は、戦時中ドイツ人による迫害が繰り返される中、彼らは本を読むことで、どこへ行っても決して盗まれることのない頭脳を大切に育ててきたと言われています。

ユダヤ人の多くの家庭には、リビングなど家族が集まる場所に本棚があります。

上の方には、大人の本、下の方には図鑑や辞書など子供が自分で調べられる本を置いておき、わからないことがあれば一緒に調べるのだそうです。

また、リビングの他にも、寝室や廊下など、自然と子供の目に留まるところに本を置いておき、いつでも気の向いた時に手に取って読むことができるようにしていたそうです。

 

子供の勉強場所は、年齢や学年によっても変わる

勉強する場所についてはお子さんの年齢や学年が重要です。

例えば、小学生低学年~中学年ぐらいであれば、子供は一人で勉強に集中できません。

部屋で勉強したとしても、すぐに飽きて机の前にいただけといったことも多いです。

なので子供が10歳ぐらいまでは、リビングでの学習がおすすめです。

小学校高学年~は、ある程度勉強の仕方が分かってくる年齢です。

集中して勉強もできるようになってくるので、子供部屋に切り替えても問題ありません。

もちろん、リビングでの勉強が効率が上がるのであれば、そちらでも問題ないと思います。

ただ、あくまでも一般的な例なので、お子さんの性格、環境なども考慮して選択していただきたいと思います。

 

読み聞かせをする

 

子供は、中学2年生ぐらいまで読む力が聞く力に追いつかないと言います。

大人に読み聞かせてもらい、分かった、面白かったという体験をすることがもっと読みたいという気持ちにつながります。

 

親が本を読む

子供が1ヶ月に読む本の冊数は両親が読む本の冊数に比例しているそうです。

また、1ヶ月に本や電子書籍を3冊以上読むという人に読書が好きになったきっかけを聞いたところ 、子供の頃に本を読み聞かせてもらったこと、身近な人が本好きだったこととの回答が多かったそうです。

両親が本を読む家庭では、子供が読書好きになる傾向が強いのですね。

読書することに遅すぎることはないので 今日からでも読書する 習慣をつけてみてはいかがでしょうか?

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP