小学生が苦手な図形問題を解くコツが分かるようになるには

小学生の算数図形問題が苦手

 

小学生で図形の問題が苦手なお子さんは多いです。

中には、試験で図形や面積の問題がでただけで問題を解くことを諦めてしまうお子さんもいます。

しかし、学年が上がっていけばいくほど図形の問題は難しくなるので、どんどん算数の試験で点数が取れなくなってしまいます。

それでは、小学生のうちから図形問題に対して苦手意識を植え付けないためにはどうしたらいいのでしょうか?

今回は、どうしたら図形問題の苦手を克服できるについて紹介していきたいと思います。

 

 

図形は公式を暗記すれば良いは間違い

 

図形が苦手な生徒は、公式はほとんど暗記しています。

でも実はそれだけでは十分ではありません。

確かに図形の問題がやさしいうちはいいのですが、複雑な図形問題は公式だけでなく、センスも必要になってきます。

特に中学校になると算数から数学に変わり、公式の暗記だけでは厳しくなってくるでしょう。

そうならないために、今から何らかの対策は必要です。

 

小学校算数の図形問題は、パズル遊びやブロック遊びでセンスを磨く

 

 

対策とはいっても、何も難しいことをするのではありません。

小さい頃からパズルやブロックに触れる機会を作ることです。

以前、ある番組で東大に入るためにはどんな勉強を必要かを放送していました。

その番組の中で東大の理工学部の生徒の1人が、自分の勉強方法を語っていました。

そして自分が図形の問題が得意なのは、幼い頃からレゴブロックやパズルで遊んでいたからではないかと言う発言をしています。

実はこのことは偶然ではなく、科学的な根拠も証明されているそうです。

  • 図形は、言葉で説明しようとしても理解するのが難しい。問題を解くにはセンスが問われる。そのセンスは、パズルやブロック遊びが役に立つ
  • ブロックやパズルの向きを変えたり、回転させたりすると、空間把握力がつき、図形問題が楽に解けるようになる。

なので、子供がパズルやブロックが好きならどんどん遊ばせることをおすすめします。

 

レゴについてもっと知りたい方は下記記事からどうぞ

▷レゴ(LEGO)で子供の頭がよくなる?

 

 

算数脳、数学脳を鍛えるパズル タントリックス

 

今は算数脳を鍛えるゲームもいろいろなものがあります。

算数脳を育てる遊びと言えば、小さなパーツを並べて、一枚の写真や絵を完成させるパズルが有名ですよね。

一般的なパズルでも算数脳を育てる効果はあるのですが、より効果を求めるなら、有名私立中学校、有名高校の生徒が夢中になっているタントリックスというパズルゲームをお勧めします。

 

img_20161019_104252

 

タントリックスは、六画形のタイルに描かれた赤、青、緑、黄色の4本の線を同じ色の線が繋がるように、ピースを並べていくゲームです。

他にも4本の線から自分の色を決めて、できるだけ長く繋げることを競う対戦型もあります。

相手に負けないようにいろいろと考えることが、図形問題のセンスをつけるだけでなく、考える力をつけることにもつながります。

中学受験を考えているなら、小学校入学前か低学年のうちからこのゲームで遊ぶことで、算数脳をグングン育てることができます。

ぜひ、試してみてくださいね。

 

 

タントリックスとタントリックスディスカバリーの違い

 

購入する際は、タントリックスタントリックスディスカバリーがあるのですが、間違わないようにしてください。

内容は変わりませんが、タントリックスディスカバリーは入門編なので安いのですが、ピースが10個しかありません。

一人でも、対戦型でも10個のピースでは、最終的には物足りなくなってしまい、タントリックスパックも買うことになってしまいます。

そのため、最初からセットのタントリックスを買ったほうがお得です。

まあ大人でも楽しめるので、損はしないと思います。

たまに子供に返って、お子さんと一緒に遊んでみるのもいいのかもしれませんね。

 

タントリックス・ゲームパック (Tantrix Game Pack) ボードゲーム

算数の文章題が苦手なら下記記事をどうぞ

▹これだけおさえる小学生苦手な算数の文章題に強くなるポイント

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

小学生算数ユーチューブ塾開校。無料で賢く成績アップ
これだけおさえる小学生苦手な算数の文章題に強くなるポイント
東大流算数脳を育てるには?メイクテンの効果、やり方
小学校1年生の娘が10日で九九を覚えた方法
小学生の算数を苦手にしないために遊びをいれた学習法を
算数嫌いには漫画がおすすめ めざせ!明日の算数王とは 
うちの子が時計の問題がわからない どんな勉強をすればいいの?
100マス計算はやらせたほうがいいの?100マスの効果とは?
5.3cmをmmにすると何mm?わかりにくい単位の学習法
上り下りバラバラ九九で算数につまずかない!

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP