小学生地理勉強法  白地図に手書きでどんどん書きこもう。(中学受験しない編)

 

白地図はいつから勉強するの?

 

まずは白地図はいつから勉強するかについてです。

結論から言ってしまうと、日本の白地図は小学生で、世界の白地図は中学生になってから習います。

なので、小学生であれば、まずは日本の白地図を徹底的に学習しましょう。

白地図攻略することは、地理の勉強の上でとても重要です。

今回は白地図を使った勉強法について紹介していきたいと思います。

 

 

白地図の基本的な使い方

 

最初に、白地図の基本的な使い方について書いていきます。

白地図を使う地理の学習は小学三年生から始まりますが、最初に授業で使うのは、日本地図の白地図です。

白地図は通常コピーして、使用するのが普通ですが、小学生の地理の参考書、問題集などに付録としてついている場合もあるので、ついていたらコピーして使ってもいいと思います。

小学生向けの日本地図の白地図問題集もありますので、一冊買っておくといいと思います。

 

白地図は、間違った使い方をすると効果がない

 

ただ、白地図は適切なやり方で使用しなければ、効果がでないことがあります。

地理の間違った勉強法で多いのは、ただ教科書や参考書を白地図に写すだけとかですね。

書き写すだけだと記憶に残らないためすぐに忘れてしまいます。

では、白地図を使って効果的な地理の暗記をするにはどうすればいいのでしょうか?

今回は、実践的な白地図の使い方について書いていきたいと思います。

 

勉強用に日本地図の白地図をコピーする

 

早速、白地図をコピーしましょう。

用紙はA4が一般的ですが、A3に拡大して使うのもいいかと思います。

コピーしたものは、書いて暗記する用(インプット)3枚、覚えているか確認する用(アウトプット)3枚に分けます。(枚数は、記憶の定着具合に応じて自由に設定してもらって大丈夫です)

 

第1ステップ 小学生で習う地理の基本用語の暗記

小学生の地理の教科書、参考書、地図帳などを見ながら、白地図にかいてある都道府県の重要事項(河川、平野、半島など)を埋めていきます。

まずは、日本の白地図の中から都道府県を1つ選びましょう。

必ずしも、北海道から順にやっていくとかではなく、好きな都道府県から始めても大丈夫です。

そして、準備しておいたインプット用の白地図のコピーに重要事項を書き写していきます。

コピーは3枚用意しておきますが、2枚でも暗記できるようならそこで暗記を終了してもオッケーです。

大事なのは、教科書や参考書などに載っている写真を思い浮かべながら、地理の用語を実際に書いてみることです。

地理の用語を音読してみるのもいいでしょう。

視覚、聴覚、想像力をフル活用することで知識を定着させることができます

中でも想像力は重要で、まるでその場に行ったかのように想像することで暗記の効果は何倍にもなります。

地理が得意な生徒は、教えられないでも自然に実践していることが多い学習法です。

 

第2ステップ 覚えた知識を実際白地図に書いていき、覚えているか確認する

今度は地理用語をきちんと覚えているか確認する作業です。

テスト形式で行えば、本番のテストでも緊張することなく対応できると思うのでぜひやってみてください。

次に使うのは、先ほどコピーしたアウトプット用の3枚のコピーです。

まずは、何も見ないで白地図の空欄に答えを書いていきます。

終ったら○付けし、できなかった問題については、再度覚えます。

それをテスト形式で3回繰り返しましょう。

このやり方で、都道府県を1つずつ覚えていくのは手間はかかりますが、確実に覚えることができます。

テストでいい点を取るためにも、ぜひ頑張ってみてください。

 

小学生の地理用語の暗記におすすめの本

 

地理の用語の暗記に、どんな参考書を買ったらいいかわからない方に、ここで参考書のおすすめを紹介します。

以下は、娘が使って実際に効果があった地理の参考書です。

 

▷ドラえもん社会科おもしろ攻略 都道府県がわかる

ドラえもんの社会科おもしろ攻略 都道府県がわかる (ドラえもんの学習シリーズ)

定番のドラえもんの学習漫画シリーズです。

有名な学習塾浜学園が監修している学習漫画なので、公立の授業だけでなく、中学受験の対策ができるほどの情報量があります。

なので、地理の都道府県学習のメインに使用しても十分すぎるほどの効果があります。

ちなみに、学習漫画は、リラックスした姿勢や寝転がって読んだほうが、実は学習効果は最大まで上がりますので、ぜひ試してみてください。

しかもドラえもんの漫画を楽しみながら学習できるので、小学生には最強の勉強法と言えるかもしれません。

 

▷オールカラー楽しく覚える都道府県

オールカラー 楽しく覚える! 都道府県 (ナツメ社やる気ぐんぐんシリーズ)

「参考書が漫画じゃちょっと不安かな」という方には、基本の参考書を紹介します。

お勧めな点としては、カラー写真や見やすい地図で視覚的な効果を得やすいこと、また丁寧な説明文、ちょっとした漫画、地理のクイズなどで知識が定着しやすいように構成されていいることです。

また、情報量も豊富で、中学受験の準備にも十分使えます。

参考書選びに迷ったら参考にしてみてください。

 

小学生の地理白地図本おすすめ

 

次に白地図のおすすめを紹介します。

▷ドラえもんの社会科おもしろ攻略 白地図でぐんぐん伸びる地理力

ドラえもんの社会科おもしろ攻略 白地図でぐんぐんのびる地理力: ドラえもんの学習シリーズ

参考書+日本地図の白地図までついていて自由に書き込める、とても便利な学習漫画です。

これ一冊でも十分すぎる内容ですが、先ほど紹介したドラえもんの都道府県と併用すれば、より高い効果が期待できます。

 

▷小学白地図まとめノート

小学 白地図 まとめノート: 書き込むだけで得点アップ!

白地図だけでなく、図表、グラフ、写真など、様々な資料がついています。

いろいろな情報に触れることで、より深く理解することができます。

白地図の入門編にお勧めです。

 

▹地理が苦手でも克服できる『1日10分で成果を上げる白地図活用法』(中学受験しない編)

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

小学生日本の歴史学習漫画おすすめはこの3社で決まり
日本史学習の基本は漫画にあり小学生にお勧め学習漫画は?
やばい世界史はなぜ小学生におすすめ?
中学受験日本史ユーチューブで基本を確実にこれだけは押さえておきたい歴史アニメ
小学生の苦手な地理を面白くするおすすめ学習法
地図だけで大丈夫?地球儀を使うメリットと小学生におすすめ地球儀
親子で旅をしながら学ぶ小学生の地理の学習法
小学生地理の楽々勉強法 都道府県は絵に描いて覚えよう
ねこねこ日本史で楽勉できる?口コミや効果、評価のまとめ
一日10分3歳でもみるみる覚えられる地図絵本、漫画まとめ
小学校の地理 1分でできる3択クイズ(都道府県特産品編まとめ)
どんな偉人伝を読んだらいいか子供におすすめおもしろい偉人伝
小学生地理勉強法 まずはどこから手をつける?いつ頃から始めればいいか教えて?(中学受験しない編)
飽きっぽい子供に偉人伝を読ませるには?偉人伝漫画おすすめ
世界史は小学生から大学受験対策を学習漫画おすすめ3選

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP