ハリーポッター小学生が読むなら文庫本かペガサス文庫どっち?

ハリーポッターは、イギリスの作家J.Kローリングによって書かれた小説です。

ハリーポッターと賢者の石が1997年にベストセラーになり、児童文学の枠を超えて世界的なベストセラーになりました。

以前から人気のハリーポッターシリーズですが、最近になってまた小学生の間で人気が出てきているようです。

今回は、小学生から大人まで大人気のハリーポッターについて紹介していきたいと思います。

 

 

東大生おすすめの本ハリーポッター

 

東大生が小学生のうちに読んでおきたい本として上位にランクインしているのが、ハリーポッターです。

有名塾浜学園でも、小学4年生から6年生で人気の本の中にハリーポッターシリーズがランクインしています。

おすすめの理由としては、世界的な有名な児童文学であり、独特の世界観が子供の想像力を育てること、文章量があり、読解力や1冊読み終えた後の達成感を味わえること、あとは中古であれば値段もだいぶ安く手に入ることなどが挙げられます。

 

 

ハリーポッターは何歳から読める?

 

本をたくさん読んでいる、読書が苦にならないというお子さんは小学校4年生、10歳程度ならハリーポッターと賢者の石や秘密の部屋なら問題なく読めるでしょう。

ただ、シリーズが進むにつれて内容が難しくなっていくので、秘密の部屋以降は小学校高学年以降に読んだほうが内容はつかめると思います。

低学年でもハリーポッターを読めるお子さんはいるようですが、そういった子供は読書量が多い傾向にあります。

できるだけ早い時期にお子さんの読解力を上げ、ハリーポッターぐらいのレベルを読ませたいのであれば、低学年のうちから良質の本をたくさん読ませていくことが必要です。

 

低学年のうちに読んでおきたい本

▹東大生おすすめの本はマジックツリーハウス 中学受験対策にも驚くべき効果

 

 

小学生向けはハリーポッター文庫かペガサス文庫どっち?

 

ハリーポッターはハードカバーで出版されましたが、後に文庫本でも出版されました。

気分転換に外で読むことができるのが、文庫本の魅力ではないかと思います。

ハリーポッターの文庫は、2種類あります。

ペガサス文庫と一般の文庫本です。

ペガサス文庫は全ての漢字にフリガナがついているので、小学生向けと言えるでしょう。

文庫本は、最低限のフリガナしかついていないため、小学生には読めない漢字もあるかもしれません。

なので、文庫版は中学生以上、ペガサス文庫は小学生向けではないかと思います。

 

 

ハリーポッター文庫本

ハリー・ポッター文庫全19巻セット(箱入)

小学生向けペガサス文庫

静山社ペガサス文庫ハリー・ポッターシリーズ全20巻セット(箱入)(静山社ペガサス文庫)

 

 

ハリーポッターは映画で世界観や内容を掴んでからのほうが読破しやすい

 

ハリー・ポッターと賢者の石 [Blu-ray]


本を読む前に映画を見るとネタバレにはなってしまいますが、より理解はしやすいと思います。

内容がつかみにくい場合は、ぜひ映画も見て見てください。

特に賢者の石や秘密の部屋は、原作と映画の内容が非常に近いのでおすすめと言えるでしょう。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

関連記事はありません

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP