天声子供語を読む、書き写すことで得られる驚きの効果とは

朝日新聞の天声人語を書き写す効果とは

 

朝日新聞のコラム欄に掲載されている天声人語は、日本人なら1度は聞いたことがあると思います。

天声人語は、600字程度で文章が簡潔にまとめられており、高校生が受験対策で、天声人語を書き写すことを勧める教師も多く、書き写すことで、社会情勢、政治経済などの情報に詳しくなったり、作文や小論文の力がつくといわれています。

ただ、文章自体はとてもすばらしいものなのですが、文章の内容はなかなか難しく、文章の意味をきちんと理解してから書き写さないと効果がないので、まずは本などを常に読む環境をつくり、ある程度文章を読むことに慣れてから、天声人語を読んだり、書き写ししたほうがいいかもしれません。

最低でも中学3年生以上の学力がついてからでないと、十分な効果は得られない可能性がありますので注意してください。(個人差はあると思いますが・・・)

 

視写を始めるなら「天声人語」の小学生版「天声こども語」

 

天声人語の難しさはわかったけれど、では小学生が作文力を上げるにはどうすればいいのでしょうか。

巷では本を読めば文章力がアップすると言っている人もいますが、それだけでは文章を書けるようにはなりません。

文章が書けるようになるには、やはり実際に書かなければどうしようもないからです。

では、何を書けばいいのでしょうか。

私がお勧めしたいは、朝日小学生新聞に掲載されているコラム欄の天声子供語の視写です。

天声子供語とは、天声人語の子供版ですね。

これをどんどん書き写しましょう。

 

天声子供語書き写しの効果

 

なぜ書き写すかと言えば、良質の文を書き写すことで、その作家のくせ、書き方を学べるからです。

天声こども語は、文章に関してもわりと簡単で、わかりやすい言葉で書かれています。

しかも、言いたいことが明確です。

そのため、小学生の子供でもわりと理解しやすく、読みやすいのが大きな特徴です。

天声子供語を書き写すことで得られる効果は、きちんと要点つかんで文章をまとめられる力だけでなく、集中力をつけたり、作文力の上達も期待できます。

 

天声こども語の書き写しは何年生から?

 

では、天声子供語の書き写しは、いつぐらいから始めたほうがいいのでしょうか。

うちの娘に実際に視写させて、検証してみました。

まずは、天声子供語の視写からです。

書き写すだけなので、特に問題なく30分程度で終わりました。

そしてそのあとで感想、または意見を書かせます。

書き写すだけでも効果はあるのですが、意見や感想を書かせることでさらに自分の意見を的確に述べられる力がつきます。

自分の意見、感想も書かせます。これが20分。

最後に要約です。

どんな内容が書かれているか、きちんとわかっているか、またそれをまとめられるかのチェックです。

これも、20分。

合計では、1時間10分ほどかかりました。

娘は小学校低学年(2年生)ですが、やはり語彙力、読解力を考えると、まだ少し早かったかもしれません。

ただ、お子さんが中学受験を考えているなら、決して早いことはないと思います。

中学受験対策としても、天声こども語の書き写しは早めに始めたほうがいいでしょう。

中学入試を考えていないのであれば、天声こども語は中学年ぐらいになってから始めてもいいかもしれませんね。

 

 

天声子供語を書き写すにはどんなノートがいいか

 

では、どのように天声子供語の書き写しをすれば効果があるのでしょうか。

まず、ノートを用意します。

A4版の普通のノートでもいいのですが、朝日新聞社でだしている天声子供語学習ノートがおすすめです。

一番最初のページには、子供のやる気が出るようなノートの活用の仕方が書いてあります

なかを開くと、コラム欄を切り取って貼るスペースやマス目がきちんと区切られている原稿用紙、要約や感想を書いたりする欄などがあり、学習効果を上げるいろいろな工夫がみられます。

値段は300円程度と、一般的なノートよりは少し高い感もありますが、塾に行ったり、家庭教師を雇う費用を考えれば、ノート1冊で、文章力や読解力がつくのなら安いものですよね。

普通のノートでもいいですが、余裕があれば購入も検討してみてください。

 

天声こども語 学習ノート (1冊)

天声子供語の書き写し、感想、要約の手順

 

書き写しの手順は、自由ですが、一般的な手順を書いてみます。

参考にしてみてください。

▹天声子供語学習ノートでは見開きを使用しているので、普通のA4判ノートを使用する場合でも見開きで使用する

▹天声子供語を切り取り、ノートの右ページ上部に貼る。

▹その下に天声子供語を書き写す。

▹そのあとで、感想、天声こども語の要約も書く。

▹わからない言葉は、そのままにしないで辞書をひいて調べる。

 

天声子供語まとめ

 

天声子供語の書き写し、感想、要約は、子供にとってはなかなか難しく、面倒な学習です。

小学校2年生ぐらいであれば、ほかの教科の学習が進んでいて、余裕ができたら天声こども語も少し書き写してみるぐらいで取り組んだほうがいいのかもしれません。

もちろん、中学年ぐらいでも、親が書き写しを強要するとすぐに嫌になり、やらなくなってしまう可能性もあります。

子供のペースで、ゆっくり、気が向いたときに天声子供語を書き写すだけでも、作文力アップには十分効果があるので、ぜひ試してみてください。

うちでも無理しない程度にやっていきたいと思います。

 

読売、毎日子供新聞の特徴、読むメリットは下記記事からどうぞ

▹こども新聞はいつから読むと効果があるの?おすすめは?

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP